ERIKA DE CASIER / Still (inc. Lucky ) Clear Vinyl, LP

販売元
4AD
通常価格
$30.00
販売価格
$30.00
通常価格
out of stock
単価
あたり 
税込|11,000円以上で送料無料

Label: 4AD
Catalog: 4AD0639LPE
Format: LP Vinyl record (アナログ盤・レコード)
Country: EU
Released: 2024
Genre: R&B / UK Soul
Style:2010's- Hip Hop / R&B , R&B , 90's- 00's Rock / Pops / Indie Rock , 2010's- Rock / Pops / Punk , 2010's- Club Music
Condition:
Media: S
Sleeve: S
Item No.: E110004
Artist:ERIKA DE CASIER
ERIKA DE CASIER
Title: Still (inc. Lucky ) Clear Vinyl
New/Used: New
01. Right This Way
02. Home Alone
03. Lucky
04. The Princess
05. ice (ft. They Hate Change)
06. Test It
07. ooh
08. Believe It
09. Anxious
10. Ex-Girlfriend (ft. Shygirl)
11. Toxic
12. My Day Off
13. Twice (ft. Blood Orange)
14. Someone

先行シングルが話題となった "Lucky" 収録!
ブラッド・オレンジ、Shygirl、ゼイ・ヘイト・チェンジ
フィーチャリング。
2023年にNewJeansの"Super Shy"、"Cool With You"、
"ASAP"、"New Jeans"と『Get Up』epから全6曲中4曲を、
作曲、プロデュースし話題に。
デンマークは
コペンハーゲンを代表するPBR&Bの才媛
エリカ・ド・カシエールの2024年の2ndアルバム。

“彼女は今年、大ブレイクする”
GQ

“ボーダーレス、タイムレス、ジャンルレス”
Rolling Stone

“エリカ・デ・カシエールは、クレイグ・デヴィッドのように軽やかな、また、アリーヤのように狡猾なヴォーカル・ラインを奏でる。"
Pitchfork

“過去30年で、不朽かつ普遍的な音楽を土台にした、巧みで気品に満ちた、タイムレスなR&B”
Resident Advisor



エリカ・デ・カシエールは2019年のデビュー・アルバム『Essentials』でカルト的な
人気を築き、2021年の〈4AD〉からは初となるアルバム『Sensational』でその
「カルト的存在」をさらに力強く打ち立てた。それ以来、彼女は世界最大級の
フェスティバルでパフォーマンスし、次世代K-POPアイコン、ニュー・ジーンズに
楽曲を提供し、ムラ・マサ、シャイガールなどがリリースした話題のダンス・トラック
へも参加してきた。この3年間で多くの新たなファンを獲得し、多くの著名な
コラボレーター(デュア・リパ、ブラッド・オレンジ、アースイーターなど)を得たかも
しれないが、このアルバムのタイトル『Still(=今でも)』が物語るように、彼女は、
昔と変わらないエリカ・デ・カシエールなのだ。今でも。


ラグジュアリーなエレクトロニカと、月光に照らされたようなR&Bをミックスした
彼女の独特なサウンドは、このアルバムでさらに掘り下げられ、唯一無二のサウンド
となっている。彼女のソングライティングはこれまでと同様、巧み、かつ万人受け
するものであり、プロデューサーとしての技能が向上し、初めて、自分以外の声
(ゼイ・ヘイト・チェンジ、シャイガール、ブラッド ・オレンジ)をプロデュース
している。また、彼女は新たなコラボレーターを招き、サンプリングだけでなく
生演奏のミュージシャンとも仕事をしている。 『Essentials』と『Sensational』の
共同プロデューサーを務めたDJ CentralことNatal Zaksが再び参加したが、他にも、
ジョナサン・ジュル・ルドヴィグセン、カール・エミール・ヨハンセン、ニールス・
カーク、クリスチャン・ローデ・リンディンガー、ニック・レオン、キルスティン・
ニュフス・ヤンセン、トビアス・サックスが加わり、生演奏のドラム、シンセ、
ギター、ベースなどが加わった。「私の音楽を知っている人たちを満足させたいと
思う自分がいる。だから、あまりサウンドを変えたくない。でも自分が成長したいと
いう気持ちには応えたいし、現状に留まっていることもしたくない。でも、自分の
サウンドから逃れるのは難しいということにも気づいたの。」と彼女は話す。